【マレーシア移住・駐在向け】仮想通貨の情報まとめ|税金・取引所・売買・現金化

ひなた

実際にマレーシア移住した私の体験談をもとにお伝えします!

わたしのプロフィール
・マレーシア現地採用(日本語オンリーのBPO企業)
・マレーシア猫が大好き
・仮想通貨(BCGが好き)で小銭稼ぎしてる

この記事はマレーシアに生活の拠点を置き、日本非居住者を想定して書いています。

目次

仮想通貨をマレーシア移住・駐在後にやるときの注意点

注意点
  • 日本非居住者は日本の仮想通貨取引所を利用できない
  • 日本で利確したらダメ
ひなた

それぞれ解説するね。

日本非居住者は日本の仮想通貨取引所を利用できない

海外移住者は、日本の仮想通貨取引所を使えなくなります!

ひなた

そのため、マレーシアで仮想通貨取引を継続するなら、海外の仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

参考情報に、日本人の利用者の多い仮想通貨取引所の公式HPのコメントを掲載します。

スクロールできます
仮想通貨取引所非居住者の利用公式HPの引用
Coincheck不可海外に渡航または転出される場合Coincheckでは、サービスの提供をお断りしている国があります。サービス未提供国一覧
GMOコイン不可可能ですが、当社提供のサービスは、日本国内に居住のお客様が対象のため、国外からの操作については動作確認をしておりません。※地域によってはログインができない場合もあります。※当社の判断により海外からのログインが制限される場合があります。
Bitbank不可海外在住中もしくは海外移住予定の方へ。口座開設済のお客様が海外に移住される場合は、退会の手続きが必要となります。ご資産を出金されず退会処理を進めた場合、今後アカウントにはログイン頂けなくなり、残高確認や出金手続きは行っていただけない状態になるため、退会前に出金を完了いただきますようお願いいたします。
bitFlyer不可海外居住の場合でも取引できますか。恐れ入りますが、原則として海外居住の方のご本人確認のお手続きは受け付けておりません。

日本で利確したらダメ

日本で利確(円転)すると、日本に納税する必要があります。

ひなた

逆に、移住前に含み益の状態で移住すれば、非課税にできます。

ビットコインやステーブルコインのままで置いておけばOKと言うこと。

大事なコトなので、表でも確認してね。

ケース仮想通貨の税金
マレーシアに行く前に、日本で利確日本に納税必要(´;ω;`)ウゥゥ
利確せずにマレーシアに移住非課税 (出国税も対象外)

そう、どこにも課税することなくマレーシアで現金化出来ちゃうんです。

爆益出たら、課税前に出国したい!

ひなた

はい、どうぞ頑張ってください。私は含み損で出国です。

税務会計事務所のコメントもあわせてみると安心ですね。
→木田国際税務会計事務所:仮想通貨と海外移住についての解説

あと、出国税(国外転出時課税制度)について知っておきましょう。
※参考情報:税務署 国外転出時課税制度

1億円以上の資産を有している人には、その対象の資産の含み益に対する税金を支払わなければなりません。

対象の資産の例は以下。

  • 株式
  • 投資信託
  • 信用取引・デリバティブ取引
ひなた

今のところ、仮想通貨は対象外です。

でも、今後仮想通貨の税制が株式と同列になった場合、出国税の対象になるのでは!?と言われています。

出国を考えているお金持ちの人達は、早めに動いた方がいいですねー。

マレーシア移住・駐在する前にやるべきコト

移住・駐在前にやっておかないとダメ
  • 海外仮想通貨取引所の口座開設
  • 日本の仮想通貨取引所から海外仮想通貨取引所へ送金

この2個は確実にやっておきましょう。

ひなた

移住・駐在したら、日本の仮想通貨取引所が使えなくなるからですね。

海外仮想通貨取引所の口座開設

海外取引所は、正直言ってBybit一択。

前に、Xでアンケートを取ってみましたがBybit一強でした。

5分でアカウント登録できます

日本の仮想通貨取引所から海外仮想通貨取引所へ送金

日本の仮想通貨取引所はたくさんあるので、実際の手順が必要な人はgoogle検索してみてください。

ここでは、送金の際の注意点を記載しておきます。

送金の注意点
  • 可能であればBTCよりXRPで送金(手数料が安く・送金速度が速い)
  • はじめての送金なら、必ず少額で送金テストをする
ひなた

手数料は痛いですが、送金テストはしておきましょう。

マレーシア移住・駐在した後にやるべきコト

移住・駐在後にやること
  • マレーシアの銀行開設
  • マレーシアの仮想通貨取引所の口座開設
ひなた

渡馬後にやることなので、ブログはブックマークしてね。

それか「ひなぷと」で検索すると出てくるよ。

マレーシアの銀行口座を開設する

マレーシアの大手銀行だと、MaybankCIMBのどちらかですね。

どちらでもOKですが、Maybankの方が日本人ユーザー多いかな。

ひなた

/わたしはMaybankです。

マレーシアの仮想通貨取引所はLUNO一択

どこの仮想通貨取引所を開設するべきか、解説します。

マレーシアが認めている仮想通貨取引所は4つ。

  • LUNO
  • MX Global
  • SINEGY
  • Bitfinex
ひなた

結論、LUNO一択です。

他の仮想通貨ブログでもLUNO一択となっていて、なんか怪しいと思って全部口座開設してみたんです。

そしたら、消去法的にLUNO一択でした。

LUNOがすごく良いかというと、私はそう思いません。

他がイマイチすぎて、LUNOしか選べないです。

【マレーシアの仮想通貨取引所比較】

仮想通貨取引所取り扱い通貨備考
LUNOビットコイン
イーサリアム
リップル
ポリゴン
アバランチ
ソラナ
カルダノ
チェーンリンク
ユニスワップ
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
利用者数が圧倒的に多い
歴も長いため信頼性あり
MX Globalビットコイン
イーサリアム
リップル
ソラナ
驚くほど利用者が少ない
入出金額の制限が厳しい。
SINEGYビットコイン
イーサリアム
アプリさえもない
Bitfinex多数RMで買えない

仮想通貨に対するマレーシア移住者・駐在者への税金

マレーシアは仮想通貨の税金は非課税です

ひなた

大金持ちの人が、マレーシアに移住しているyoutube動画です。

マレーシアでは、仮想通貨は資産として扱われません。

そのため、仮想通貨の売買や交換での利益は所得として課税されないんです。

ひなた

日本では課税されるのが当たり前だったので、違和感ありますよね。

でも、非課税なんです。

ちなみに、マレーシアはFXや株も非課税ですよ。

まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次