マレーシアで仮想通貨の税金は非課税です!ただし、特記事項あり!

マレーシアで仮想通貨の税金は非課税
  • マレーシアは、仮想通貨の税金は非課税です。
  • 日本で利確しなければ、課税されずに出国できる
  • マレーシア移住後は、日本の仮想通貨取引所は使えない
  • 移住前に、海外取引所(Bybitなど)に送金しておきましょう

※わたしはやらないし、多分ダメなコトだけど、VPNを使えばマレーシア移住後も日本の取引所から海外取引所(Bybit)に送金は出来ちゃうと思います。

ひなた

今年から、マレーシアに移住してます!マレーシアは、仮想通貨非課税ですからね( *´艸`)

おぉ、もしや仮想通貨で爆益ですか???

ひなた

ううん、爆損だよ。大赤字だよ。去年、人に言えない金額を溶かしたよ。含み損のまま渡馬したよ。

・・・・

ひなた

はぁ!?黙れし。

含み益を非課税でマレーシアに移住した実体験じゃなくてごめんなさい。

でも、マレーシアでの仮想通貨の税金や、今持っている仮想通貨をどうするかなど、整理してるので参考にしてみてね。

最新情報や厳密な情報は、お近くの税理士さんにご相談くださいまし。
→税理士探しの最初の一手に、税理士紹介エージェントもおススメです。無料だし。

目次

マレーシアは仮想通貨の税金は非課税です

ひなた

大金持ちの人が、マレーシアに移住しているyoutube動画です。

マレーシアでは、仮想通貨は資産として扱われません。

そのため、仮想通貨の売買や交換での利益は所得として課税されないんです。

ひなた

日本では課税されるのが当たり前だったので、違和感ありますよね。

でも、非課税なんです。

ちなみに、マレーシアはFXや株も非課税ですよ。

マレーシアで仮想通貨の税金を非課税にするための条件

マレーシアの居住者として認められることが条件。

居住者となるためには、マレーシアに1年間に182日以上滞在が必要です。
参考情報:JETRO 税制

ところが、日本国籍の場合、ビザなしでは観光・商用目的での滞在は90日以内。

ひなた

長期滞在ビザが必要なのです!

居住者となるためのビザ一覧
  • 就労ビザ
  • ラブアン法人の就労ビザ
  • 学生ビザ
  • 学生ビザ+保護者ビザ
  • MM2Hビザ(←お金持ち向け)
  • S-MM2Hビザ
  • ノマドビザ(←そろそろ終わるとの噂)
  • 配偶者ビザ(←マレーの人と結婚しましょ)

参考情報:IKILINKS:マレーシア移住を実現するビザの種類

わたしは就労ビザです。

マレーシア現地の会社で就職。

ビザは2年更新で、更新すれば長年いられる(はず!)

ひなた

お金持ちの人には、MM2Hが有名なビザです。最近、条件が厳しくなっちゃいましたけど。

日本で持っている仮想通貨の税金はマレーシア移住したら非課税

利確せずに仮想通貨のままマレーシアに移住すれば税金は取られない

ひなた

逆に、移住前に利確して日本円で取り出したら、日本に納税が必要です!

大事なコトなので、表でも確認してね。

仮想通貨の税金
マレーシアに行く前に、日本で利確日本に納税必要(´;ω;`)ウゥゥ
利確せずにマレーシアに移住非課税 (出国税も対象外)

そう、どこにも課税することなくマレーシアで現金化出来ちゃうんです。

爆益出たら、課税前に出国したい!

ひなた

はい、どうぞ頑張ってください。私は含み損で出国です。

あと、出国税(国外転出時課税制度)について知っておきましょう。
※参考情報:税務署 国外転出時課税制度

1億円以上の資産を有している人には、その対象の資産の含み益に対する税金を支払わなければなりません。

対象の資産の例は以下。

  • 株式
  • 投資信託
  • 信用取引・デリバティブ取引
ひなた

今のところ、仮想通貨は対象外です。

でも、今後仮想通貨の税制が株式と同列になった場合、出国税の対象になるのでは!?と言われています。

出国を考えているお金持ちの人達は、早めに動いた方がいいですねー。

マレーシア移住すると日本の仮想通貨取引所は使用不可!

海外移住者は、日本の仮想通貨取引所を使えなくなります!

例えば、日本人の利用者の多い仮想通貨取引所の公式HPのコメントを掲載します。

GMOコインは海外移住後は利用できない

ひなた

私はおススメの国内取引所です。

海外からログインは可能ですか

可能ですが、当社提供のサービスは、日本国内に居住のお客様が対象のため、国外からの操作については動作確認をしておりません。

※地域によってはログインができない場合もあります。
※当社の判断により海外からのログインが制限される場合があります。

引用元:GMOコインホームページ

意外と含みを持たせた表現で書いてありますが、「当社提供のサービスは、日本国内に居住のお客様が対象のため」とあり、利用はできません。

Bitbankは海外移住後は利用できない

ひなた

仮想通貨つよつよの人は、GMOコインか、Bitbankを使っていますねー。

海外在住中もしくは海外移住予定の方へ

口座開設済のお客様が海外に移住される場合は、退会の手続きが必要となります。

ご資産を出金されず退会処理を進めた場合、今後アカウントにはログイン頂けなくなり、残高確認や出金手続きは行っていただけない状態になるため、退会前に出金を完了いただきますようお願いいたします。

引用元:BitbankのHP

出金せずに退会処理を進めると、出金できなくなるので要注意!

コインチェックは海外移住後は利用できない

ひなた

アフィカスによって日本で利用者の多い、手数料が高くてイマイチ取引所です(#^ω^)

海外に渡航または転出される場合

Coincheckでは、サービスの提供をお断りしている国があります。
サービス未提供国一覧

引用元:コインチェックのHP
ひなた

サービス未提出国にマレーシアの記載ありです。

アフィカスが大好きな、コインチェックも海外では利用できませんね。

bitFlyerは海外移住者は利用できません

ひなた

bitFlyerもイマイチなのに、アフィカス勢が儲けるためにランキング上位にもってきてます(# ゚Д゚)

海外居住の場合でも取引できますか。

恐れ入りますが、原則として海外居住の方のご本人確認のお手続きは受け付けておりません。

引用元:bitFlyerのHP

コインチェックをメインにしているのだがー。

ひなた

移住前に別の国内取引所を開けて、資金移動するのも、もったいないです。

移住前は、「日本の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所(Bybitがいいです)」に移動させておきましょう。

マレーシアで仮想通貨を続けるためにやるべきこと:移住前

移住前にやるべきこと
  1. 海外の仮想通貨取引所を開設する
  2. 「日本の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」に送金しておく

マレーシアの仮想通貨取引所は、移住後でないと開設できません。

お金の流れは、移住前に「日本の仮想通貨取引所」→「海外の仮想通貨取引所」に移動。

移住後に、「海外の仮想通貨取引所」→「マレーシアの仮想通貨取引所」→「マレーシアの銀行で出金」の流れです。

ひなた

まずは、移住前について説明します!

STEP
海外の仮想通貨取引所を開設する

まず、日本の仮想通貨取引所にある資産の送り先が必要です。

といっても、仮想通貨をまじめにやっている人は、私が開いている海外取引所は全部口座開設済みだとは思います。

参考までに記載しますね。

ひなた

開設がまだの人は、サクッと開設しちゃいましょう。

各取引所は、それぞれ5分くらいで開設完了できますので。

以下、海外取引所のHPへのリンクです。

必須の海外取引所

  • Bybit (私はメインで使ってます。仮想通貨種多いし、先物も充実)
  • MEXC (先物の上場が早い)

一応、登録しておいた方がいい海外取引所

  • Bitget (最近登録した。イベント抽選に応募して当たればだけど、いろいろ美味しい案件がある)
  • OKX (開けたけど、あんまり使ってない)
  • Deepcoin(開けたけど、あんまり使ってない)
STEP
「日本の仮想通貨取引所」から「海外の仮想通貨取引所」に送金しておく

海外移住者は、日本の仮想通貨取引所を使えなくなるので事前に送金しておきましょう。

※わたしはやらないし、多分ダメなコトだけど、VPNを使えばマレーシア移住後も日本の取引所から海外取引所(Bybit)に送金は出来ちゃうと思います。

VPNとは、仮想専用回線のことで、海外からでも日本限定のサイト・アプリを利用するために使います。

海外移住者は、みなさん契約してますね。

ひなた

アマプラを見るのに使ってます✨

VPNは何社かありますが、マレーシア移住者は以下の3社のどれかを使ってます。

周りではNordの利用が多いです。

VPNの会社(リンクになってます↓)料金 (1年契約)
Express約1200円/月
Nord約660円/月
Surfshark約600円/月

※円/ドルレートで変動します。

住む地域によって、相性があるとマレーシアの人に聞きました。

ひなた

1か月間お試し無料なので、とりあえず良さそうなのを試して、ダメなら変えると良いです。

料金と、アマプラに接続可能なことを確認できたので、渡航前にNordを契約。

渡航後も問題なかったので、契約を続けています。

\移住前に開設必須/

/5分でサクッと開設できます\

マレーシアで仮想通貨を続けるためにやるべきこと:移住後

移住前にやるべきこと
  1. マレーシアの銀行口座を開設する
  2. マレーシアの仮想通貨取引所を開設する

移住後に、仮想通貨の出金・入金のために、マレーシアの銀行口座・仮想通貨取引所の開設が必要です。

ひなた

私がやったことを解説します。

マレーシアの銀行口座を開設する

マレーシアの大手銀行だと、MaybankCIMBのどちらかですね。

どちらでもOKですが、Maybankの方が日本人ユーザー多いかな。

ひなた

わたしはMaybankです。

私が口座開設したときの流れです。

STEP
会社から「就労ビザ」と「就業証明書」を貰う

会社が案内をしてくれたので助かりました。

パスポートに張るビザと、就労証明書を受け取ったあと、銀行を開きに行ってくださいと言われ。

就業時間に銀行口座開設へ!

STEP
Maybankで書類提出

会社の近くのMaybankの窓口へ。

英語で対応してくれますが、私は英語力が日本のジュニアスチューデントレベルなので、Google翻訳・レンズでやり取り。

私は記載しなかったのですが、紹介コード良ければ使ってください。

紹介ボーナスをお互いに貰えます。(料金の記載がないんです。いくらもらえるんやー)

ひなた

紹介コードは「KS0308」です。

持って行ったものは以下。

  • パスポート
  • パスポートに貼ってあるビザ
  • 会社からもらった就労証明書

銀行で貰った口座開設用紙をGoogleレンズで翻訳しながら記入して提出。

そしたら、すぐ口座開設されると思いきや。

ひなた

「後日電話するね!」とのこと。

ひえー。英語で電話されても困るんですけど。

STEP
1週間後Maybankから電話が来る

「ぶー、ぶー、ぶー」

ひなた

やばい、Maybankから電話きたー

ひなた

ハロー・・・。

Maybankの人

○!※□◇#△!

ひなた

one more!

Maybankの人

○!※□◇#△!

ひなた

???

困っていたら、同僚のマレーの人が代わりに電話を受けてくれて、銀行に行く日時を取り付けてくれました。

ひなた

同僚の助け舟がなかったらどうなっちゃってたのか・・・。

STEP
Maybankにもう一度行き、口座開設完了

Maybankに行って手続きと、アプリの登録。

そのあと、50RMくらいを入金して完了でした。

ひなた

英語ができないと大変よぉ!

マレーシアの仮想通貨取引所を開設する

マレーシアの仮想通貨取引所ならLUNOを開けておきましょう。

LUNOの口座開設の手順記事もあります。

移住後は、基本は取引の板の厚さや、取引通貨種、ステーキングなどの機能を考えるとBybitをメインに利用するのが良いです。

LUNOは、出金の通り道としての利用だけですね。

\移住前に開設必須/

/5分でサクッと開設できます\

マレーシアの物価や治安は?実際に住んでみて感じたコト

マレーシアに住んでみて感じたコト
  • 物価は平均したら日本と同じくらいか、少し高い
  • 治安は割と良い
  • 仮想通貨・FX・株の税金がゼロ
  • 常夏で花粉症の心配がない
  • 人が優しくてのんびり
  • 多民族国家で楽しい
  • 虫との戦い
  • ねこ天国
ひなた

わたしはとっても好きです。

物価は平均したら日本と同じくらいか、少し高い

為替と、マレーシアの物価情報の影響でマレーシアの物価は意外と高い!

円/マレーシアリンギットのレート ←最新情報はここから確認してね

ひなた

円がよわよわー。

実際に住んでみて、確かに外食は300-400円くらいで食べれるの。

でも、輸入品がとにかく高いの!!

牛乳やチーズ、あとは日本製品を買おうとすると、日本の1.5倍くらいの値段。

ひなた

それでも、他の国と比べれば許容できる物価水準。

あと、医療費の補助が日本は手厚いけど、マレーシアは高いの。

風邪を引いて病院に行って薬を貰ったら5000円くらい。

高いのー。

家賃は4.5万円くらいで綺麗でプール付きのコンドに住めていいんだけど、色々合わせると日本と同じくらいか、高いくらいの物価な感触です!

治安は割と良い

明るい時間の事件は、いまのところ聞かない。

今のところ私も事件に巻き込まれたことはないです。

ひなた

さすがに、夜の一人歩きはしないようにしてます。

常夏で人が優しくてのんびり

花粉もない、冬もない、人も温かい!

常夏なので、花粉症を気にする必要がありません!

わたし、重度の花粉症なんですけど、マレーシアに来てからは大丈夫。

冬がないのも嬉しいし、季節の変わり目がないので風邪を引くことも減ります。

ただ、インドネシアの焼き畑などから出てくる「ヘイズ」に悩む人はいます。

インドネシアを中心とする東南アジアでは、熱帯雨林の火災や泥炭火災の煙が大規模な煙霧となって周辺国にまで広がる越境大気汚染問題が1980年代から発生し、年々深刻化している

引用元:wikipedia

いまのところ、私は健康被害は出てません。

ヘイズで身体に影響が出るかは、人による部分も大きいです。

正直、ここは住んでみないとわからないかな。

人が優しくてのんびり

マレーの人は仕事中でも、暇さえあればスマホをポチポチ

マレーの人は、優しくてのんびり。

いつもニコニコ笑いかけてくれます。

ひなた

職場の雰囲気も明るくて、優しいのでマレーシア好きです。

マレーの人に聞いたら、マレーシアでは家庭が一番。仕事の優先順位は低いのだと。

マレーシアにいるだけで、心のゆとりができますよ。

多民族国家で楽しい

マレー系、中華系、インド系、欧米系、いろんな人達が住んでます。

宗教は、イスラム教が多いけど、ヒンドゥー教の人もそれなりにいるみたい。

なので、イベントが他民族で面白い!有名なイベントは、例えば以下のがあります。

わたし無宗教ですけど、イベントだけでも楽しめます!

上のは、ディパバリのとき良く飾られてる砂絵。

華やかで楽しいです!

あと個人的におススメなのが、インド人街。

ひなた

住んでいる民族が集まっているエリアがいくつかあります。

インドの服、かわいいの!マレーシアに来たら行ってみてほしい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • とても分かりやすかったです。マレーシアに仮想通貨の利確のための移住を考えてます。ByBitの新規口座開設はマレーシアでビザと住所が確定後であれば現地で開設しても問題はないのですか?その場合でもLUNOを現金引き出し用に使わなければいけませんか?

    • やまださん、お褒めのコトバうれしいです(,,>᎑<,,) 日本にいるときにBybit口座開設とBybitへの送金をしておいた方が安心と思います。現地入りしてからの口座開設・送金だと、すこしリスクあるかもなので。居住地が日本ではなくなる状態での国内取引所の利用はNG(厳密には半年ルールが適用だから大丈夫かも?)+ 海外からのアクセスで国外送金は心配(VPNつなげば大丈夫かも?) 。やりようはあるのかもですが、現地入り後だと不安かなぁと。 どちらにしても、LUNOを現金引き出し用には必要な認識です。他の海外取引所ではマレーシアリンギットに交換できないからです。いまのところ、USDTやXRP、BTCなど仮想通貨のままでは、マレーシアでモノを買ったりできないので。

  • Malaysia にはLUNO+3しかないと書いてありました。すみません。質問を変えます。現在 日本とマレーシア以外の外国に住んでいます。マレーシアへ移住予定です。ByBitなどの海外アカウントはマレーシアで口座開設できますか?それとも一度日本へ帰って口座開設する方がいいですか?

    • おおぉー、すごいです!もう海外在住なのですね。

      LUNO+3は、マレーシアが公式に認めているのが4つ。マレーシアが、別に認めてもいないし、規制してもない海外取引所はたくさんある、という認識です。日本としてもBybitを別に推奨としているわけではありませんが、口座開設は出来ます。居住国がどれほど仮想通貨に規制をかけているかどうかだと思います。
      わたしだったら、ですが、一度今の段階で口座開設を試みてみます。認証のどこかで弾かれたら、ヘルプデスクで問い合わせてみます、かな。

      海外取引所の口座開設は、かなり間口は広いかと思うので、あんまり気にしなくて大丈夫かなーと思います。

コメントする

CAPTCHA


目次